FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
RSS|archives|admin

異文化交流体験4コマ第二弾 -広野浅子さん-

2010.08.16 Mon
カリフォルニアサンディエゴ留学体験記は→コチラからお願いします('∇')☆
☆その他絵日記国際結婚日記(4コマ)などは『絵日記/漫画日記』から見れます('∇')☆

<現在コメント返信はお休みさせていただいてますが有難く読ませていただいてます。いつもありがとうございます!<(_ _*)>>

******************************

異文化交流体験企画の4コマ第二弾です!('∇')

二発目は、広野浅子さんの体験談です。

浅子さんは帰国子女でして、中学生時代をアメリカで過ごされています。
その時のちょっと甘酸っぱい(?)体験談です。

(※4コマにするにあたって多少、台詞や経緯など脚色/省略している部分などがあります。)

今回どうしても文字が多くなってしまいました(ーー;)反省。

浅子さん異文化交流体験

この体験談読んでいて、こういう勘違い、あるある~~~って感じでしたw
海外に住んだことのある方は、こういう勘違いしたって方も居るんじゃないでしょうか。

私も最初"go out"に交際するみたいな意味があるとわかった時「まぎらわしいわ!」って思いました。
他にも”I'm seeing someone." 直訳したら「誰かと会っている」ですが、「お付き合いしてる人が居る」・・・みたいな意味にもなったり、案外英語って男女交際に関して、遠まわしというか曖昧な表現をするんだなぁなんて思っていました。

が、これまた紛らわしいのですが・・、他に訳しようがないので「交際」とか「お付き合い」と書きましたが、"go out"だとか"seeing someone"だとか”dating”だとか、「交際」といっても日本語で意味するように必ずしも「彼氏と彼女」というわけではないのです。特に誰かと”dating"している、というと、オフィシャルに彼氏・彼女になる前段階というか、お試し期間みたいなものって言ったら良いんでしょうか?

いつどこから彼氏や彼女になるのかラインは人それぞれだと思いますがこの「デート期間(お試し期間)」を経て自然に彼氏・彼女になるのが普通という感覚の人は多いと思います。しかも「彼氏/彼女になって」とかはっきり言われないことも多いと思います。

もちろん日本でも何度か一緒に出かけて彼氏や彼女になるというのは普通だと思うのですが、アメリカの場合、この「デート期間」と「本交際」のラインが曖昧で、デート期間中もキスやエッチをするのも割と普通なので(『Sex and the City』なんかを観てたらわかると思いますが・・。)、日本人の感覚からしたら、一度一緒に出かけただけで「好き」とも「付き合って」とも言われていないのに肩を組まれたり、別れ際にキスしてきたり、彼氏のように振舞われたりすると、ちょっと「???(;°ロ°)」になってしまう人も居るかなーと思います。

最初はなんだか「付き合ってるのか付き合ってないのかわかりにくいしめんどくさ~(´Д`;)」って思っていましたが、
まぁよく考えると、付き合ってすぐ「あーやっぱ合わない(;´ρ`)」とか思っちゃう事だってありますよね。そう思うとこのアメリカスタイルって実はかなり合理的なのでしょうか?(´ー`)

広野浅子さん
企画参加ほんとにありがとうございました!(*^。^*)


この彼は今でも真相を知らないままなのかちょっと気になります( ̄m ̄* )
しかし相手は「付き合っている」と思っていたとしても、付き合った次の日から肩組んだり校内でほっぺにチューとか、やっぱり、日本人の中学生の感覚ではないかもなぁ~!なんて思ってしまいました。(今の子は知りませんけどねw)


異文化交流体験まだつづきます(*^。^*)


スポンサーサイト
 

↓よかったら読んだついでに是非ポチっとお願いします!!<(_ _*)>ありがとうございます!
Ctrl(PC)/Command(Mac)を押しながらクリックするとラクちんです☆
人気ブログランキングへ にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
↓その他のブログランキング。ついでに押してくれたら感激です(゜ー?)
blogram投票ボタン ★WCRランキング★
どうもありがとうございました!!<(_ _*)>




Theme:異文化を楽しむ! | Genre:海外情報 |
Category:他の方の異文化交流体験4コマ漫画 | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |